2007年09月10日

北海道旅行2007夏 2日目 その2

続きです。


■拓真館・美馬牛エリアマップ

008_20070820_11.jpg

 お店のお兄さんに、今日は時間に余裕があることを告げると、今度は丘めぐりとは反対側の「パノラマロード、拓真館・美馬牛エリアマップ」を頂き、また細かく親切に道順などを教えていただきました。
そして再びお礼を言って出発です!


■パノラマロード

008_20070820_12.jpg

 駅前の大きなとおりから美瑛川にかかる緑の橋を渡り、いよいよパノラマロードに入ります。
お店で聞いたとおり若干緩やかではあるけれども長い坂道…北瑛でのサイクリングですっかり体力を使ってしまったことにここで気づき、ちょっとバテ気味ながらもなんとか坂道をクリアしつつパノラマロードを走ります。

■三愛の丘

 最初のポイントです。ちょっとした休憩所と、中には入りませんでしたがお店がありました。


■四季の交流館・拓真館

008_20070820_13.jpg

 三愛の丘から再びパノラマロードを進み、牧場と広大な畑の間を走りぬけやっと付いたのが「四季の交流館」ここでまた少し休憩して、そこからすぐの「拓真館」に向かいました。
有名だとは聞いていた拓真館でしたが、実は良く知らなかった私。館内にはいると素晴らしい写真の数々が疲れをまた癒してくれました。


■ひまわり畑

008_20070820_14.jpg

 拓真館からすぐの場所。パッと広がるひまわり畑。美瑛にはこういったひまわり畑がいたるところにあります。そこにちょっと立ち寄ることが出来るのも自転車の旅のよいところです。


■四季彩の丘

008_20070820_15.jpg

008_20070820_16.jpg

 ひまわり畑からまたひたすら走り、長い坂道を登ったところにありました。
ここでは、丘に広がる色とりどりの花々をトラクターが引く車に乗って運転手のおじさんの愉快な解説とともに周ることが出来ます。

008_20070820_17.jpg


■美馬牛小学校

008_20070820_18.jpg

 これもよく知らなかったのですが、美瑛の風景写真として有名な小学校です。
現在も小学校として使われているため、入り口には「観光の方々へ」と数々の注意書きが書かれていました。


■素朴な踏切

008_20070820_19.jpg

 美馬牛小学校から新栄の丘に向かう途中。JR富良野線の踏切です。見落としてしまいそうなくらい「素朴」な踏切でした。トヨタのカムリのCMに使われたそうです。


■新栄の丘

008_20070820_20.jpg

 踏切からまた長い坂道を登ると新栄の丘。
少し休んでいると、観光バスでやってきたご婦人が私の自転車を眺めながら「これあなたの?」と聞いてきました。そして、美瑛駅で借りたこと、そして今日一日自転車で周って来た事などを話すると、そのご婦人も大阪から観光でやってきたこと、こらから層雲峡に泊まること、北海道が好きで今回で7回目だと言うこと、などなどたくさんお話してくれました。20分くらいでしょうか?お互いにこれからの旅行が無事に楽しめる事を願いつつお別れしました。こういったちょっとした出会いも旅の楽しみのひとつですね♪あのご婦人はお元気でしょうか?


■そしてゴールへ

 新栄の丘からは下り坂。ゆっくり下り、JR富良野線の今度は上を渡り、美瑛川の赤い橋を渡り街中へ。
さっきまでの風景とはうってかわって家々が立ち並ぶなかを走り美瑛駅へと向かいます。


■ゴール!

008_20070820_21.jpg

 美瑛駅前松浦商店に到着!するとすでに店じまいの様子…
店前にいたおじさんに声を掛けて自転車を返却しました。1日旅を共にした自転車「松浦6号」ともここでお別れです。
手続きをすませ店外に出ると、ルートの説明をしてくれたお兄さん登場。すると「あ、お疲れ様でした!完走ですね!おめでとうございます」と声をかけてくれました。私はとても楽しかった事とお礼を言い、お店をあとにしました。
今回の美瑛の旅は、ホントこの松浦商店さんが無ければこんなにも楽しく思い出深いものにならなかったと思います。本当にありがとうございました!!


■美瑛を後に…

008_20070820_22.jpg

 この日の宿も旭川。再びJR富良野線で旭川まで戻ります。しかしタイミングが悪く、次の列車まで1時間。まぁのんびりと待ちます。
1時間後やってきた列車に乗り、今度は普通車なのでのんびりと旭川まで戻ります。旭川に着く頃にはすっかり外は暗くなっていました。


宿に戻り、ちょっと買出しに行ってご飯を食べてすぐに就寝。さすがに疲れました。
しかし、この1日はホントいい経験になりました!午前中に周った丘めぐりは土と風の薫りを感じながらなんとも言えない開放感と充実感に満ちていました。午後に周ったパノラマロードは疲れたけど、美瑛の広大さを改めて感じさせられました。
観光バスや車でも良い景色をたくさん見ることが出来ますが、体力のある人は是非自転車で周って欲しい!とホント思いました。きっと何かが変わります。

今回の美瑛の旅は一生忘れられない1日となりました。

ラベル:美瑛
posted by makoto at 22:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

北海道旅行2007夏 2日目 その1

2007年8月20日
この日は旭川からJR富良野線に乗り美瑛まで行って来ました。
4〜5年前に初めて北海道に訪れたとき、そのときは観光バスでまわっただけでしたが、どこまでも広がる広大な美瑛の風景に非常に感動し、私が北海道を好きになったきっかけの一つでもある土地です。


■ノロッコ号

008_20070820_01.jpg

 朝9時ごろにホテルを出発。朝の買物公園通りを歩き旭川駅へ。昨日買った「ふらの・びえいフリーきっぷ」のB券(フリー券)で入場。JR富良野線乗り場に向かいます。
するとすでにノロッコ1号は入線済み。しかしまだ扉は空いておらずしばらく待つことに…
9時半頃でしょうか?扉が開かれ車内へ。自由席進行方向1両目の窓際をキープしました。
 10:03出発
ディーゼルの音と緑の薫りがする風を肌に感じながら列車は富良野を目指して走ります。
途中、乗車証明書を頂き、約30分で美瑛駅に到着です。

008_20070820_02.jpg


■丘めぐり・北瑛マップ

008_20070820_03.jpg

 駅前を少し見て回ってから結局駅前の「松浦商店」さんでマウンテンバイクをレンタル。
お店のお兄さんに「何処に行くの?」と聞かれたので「セブンスターの木とか観てまわりたいですね」と答えると、「じゃぁこれ」と手作りっぽい「丘めぐり・北瑛マップ」を持ってきて、こと細かく道順と注意事項などを教えてくれました。
その親切さにいきなり感動し、お礼を言っていよいよ出発!お店を後にしました。時間は11時頃


■ケンとメリーのポプラ

008_20070820_04.jpg

 いわゆる「ケンメリスカイライン」のCM撮影に使われたポプラの木です。
管理されている地下のお店ではちょっとした広場にケンメリも置いてありました(有料)


008_20070820_05.jpg


■セブンスターの木

008_20070820_06.jpg

 ケンメリからの少し広めのどかな道を走って到着。
駐車場などもあり、多くの人で賑わってました。


■親子の木

008_20070820_07.jpg

 セブンスターの木からちょっと細い道を入り、丘と丘の間の細い道を走り、途中、牛糞の薫り感じつつやっとついた親子の木。でも近くで見るよりも遠くから眺めたほうがいいのかも…


■マイルドセブンの丘

008_20070820_08.jpg

 再びひとっこひとりいないどこまでも続く細い道をひたすら走り、マイルドセブンの丘に到着。


■北西の丘展望公園

008_20070820_09.jpg

 マイルドセブンの丘から少し戻り、再び細い道を走ります。
少し道が大きくなったと思ったら車の量も増え(と言ってもやっと1台走ってるくらい)砂利道を根性で走り到着。ここには売店もお土産屋もあり、大型の観光バスも停まってました。
展望公園の展望台からは美瑛の丘が一望できます。観光バスから降りてきた方達は「なんだ、これだけ?」みたいなリアクションでしたが、ここまで必死に走ってきた私にとっては何とも言えない素晴らしい展望でした。


■第一部ゴール

 展望公園を後にして、カルビーの倉庫前をとおり再び駅前の松浦商店に戻ります。このとき時間は2時半ごろ。出発から約3時間半でゴールです。


続く…


008_20070820_10.jpg

ラベル:美瑛
posted by makoto at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

北海道旅行2007夏 1日目 その2

2007年8月19日の続きです…

■旭山動物園

 動物園に着く頃にはすでにバスは満員。やっぱり人気があるんですね〜外国人も多く見かけました。
入り口のところで写真でも取ろうかなぁなんて思ってたら1人男性が声を掛けてきました。片言の日本語で写真を撮って欲しいと…たぶん中国の方かな?「旭山動物園」の看板をバックにその男性の家族と仲間を彼のカメラで撮影。デジカメだったのでその場で確認。納得していただいたようです…よかった♪

入園チケットを購入…と思ったら安い!大人で580円。中学生以下は無料だと!いや、もっとするのかなぁ?と思ってたら、いやいや旭川市に感謝です。そこで今回は2007年の年間パスポートを購入しました。2008年3月31日まで有効でこちらも1000円と大変お求め安い価格でした♪

008_20070819_03.jpg

園内に入るとまっすぐに景色が広がります。

008_20070819_05.jpg

「とりあえず行ってみよう!」的な勢いで来たので、とりあえずTVでやってた「あざらし」や「ほっきょくぐま」「ぺんぎん」が見れればいいかな?って感じだったので近いものから順に周ってみました。
今回周ったのはこの順番…

008_20070819_04.jpg

 ととりの村 → あざらし館 → ほっきょくぐま館 → 北海道産動物 → チンパンジーの森 → さる山 → くもざる・かぴばら館 → おらんうーたん館 → テナガザル舎・総合さる舎 → ダチョウ・サイ・キリン・カバ → ワシ・タカ舎 → ぺんぎん館 → もうじゅう館 → ほっきょくぐま館

一応全部周ったつもりです…


008_20070819_06.jpg

「あざらし館」
例の筒状の水槽。人が多くて何とか見れる程度でした…


008_20070819_07.jpg

「ほっきょくぐま館」
プールへ飛び込む姿が豪快!


008_20070819_08.jpg

「エゾフクロウ」
なんか3羽並んで可愛いかったので♪


008_20070819_09.jpg

「チンパンジーの森」
なんか癒されると言うか何と言うか…たぶんここにいる時間が一番長かったです。
親子のチンパンジーがかわいいかったなぁ。


008_20070819_10.jpg

「さる山」
ここもずっと見てました。1匹のサルが一生懸命「何か」やってる姿に釘付けでした(笑)


008_20070819_11.jpg

「おらんうーたん館」
親子で綱渡りしてきて、子供が1人で遊んでる姿が癒されました。


008_20070819_12.jpg

「ぺんぎん館」
やっぱぺんぎん最高!かわいいと言うかなんかずっとこのまま見てたい(笑)そして何を考えているのか聞いてみたい!



他にもたくさんありましたがキリがないので…


ゆっくりまわってちょうど3時間くらい。閉演時間が来たので園を後にしました。

1人で動物園ってのもおかしいかな?って思ったけど、なんかすっごく面白くて見ているときはそんなこと全く気になりませんでした。でもやっぱり友達とか家族、カップルとかでゆっくりとワイワイと見るのがいいかな?あと、動物達がホント近くに、そして自然に感じられるので子供には凄くいいかもしれません。
年間パスポートも買ってしまったので、今年中にもう一回行って見たいなぁ…なんて思ってます。あとは冬バージョンかな?


動物園を後にして再びバスで旭川駅へ。
荷物を取り出して買物公園通りを歩き今夜の宿泊地へ向かいます。
某ホテルにチェックインし少し休んでから夜の買物公園通りを散策。この日は日曜日だったせいか、あまりお店も開いてませんでした…
翌日も早いので早めに就寝です…
ラベル:旭山動物園
posted by makoto at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

北海道旅行2007夏 1日目 その1

帰って来てからまただいぶ日が経ってしまいましたが。
今年もまた北海道旅行に行ってきました。
ま、しょっちゅう行ってるわけですが、多く休みを取っていろいろ周れるのはやっぱりこの時期しかないわけで…
とりあえず簡単に旅の足跡を残して行きたいと思います。


8月19日(日)

■羽田空港→新千歳空港

 この日の目的地は「旭山動物園」
これだけ北海道に行っててもまだ行ってなかったの?なんてどこぞで言われてしまいましたが…そうなんです。行ったこと無かったんです。なので今回は是非!って事で行ってきました。


 朝8:30に羽田空港を旅立ち新千歳空港に向かいました。その為に朝3:30起きなので非常に眠い!
この日の目的地は旭川なのですが、いろいろ調べたら新千歳空港で降りて旭川に向かったほうが、時間はかかりますが安く行ける事がわかったのでこのルートです。そして「ふらの・びえいフリーきっぷ」を使いたかったのも理由のひとつです。


■新千歳空港→札幌

新千歳空港に到着。JR窓口で「ふらの・びえいフリーきっぷ」を購入します。
この切符はふらの・びえいフリーエリア(函館本線滝川〜旭川、富良野線旭川〜富良野、根室本線幾寅〜滝川)でのフリーきっぷとフリーエリアの往復(新千歳空港発or札幌発)乗車券・自由席特急券が付いた大変お得なきっぷです。しかも有効期間は4日間。夏の旭川・富良野・美瑛方面旅行には最適です。
今回私が購入したのは8月19日使用開始の札幌発の切符。\5,200-でした。

251_20070819_01.jpg

新千歳空港駅から札幌駅までは乗車券もなにも無いので、いつもどおり乗車券を購入。札幌に向かいました。


■札幌→旭川

札幌駅で一旦下車。改札を出て列車の確認。
L特急ライラック7号(札幌11:30〜旭川13:00)に乗車。ここから例のフリー切符を使用します。
ライラックと言えば2007年9月末で引退してしまう781系。なんとなく懐かしい雰囲気が好きだったのですが非常に残念です。そして今思えば指定席取っておけばよかったかなぁ…なんて。

251_20070819_02.jpg

流れる景色と列車の音を楽しみながらやく1時間半の列車の旅。いよいよ旭川に到着です。
ここで、フリー切符のA券(フリーエリア往路)が回収されます(窓口で言えば乗車記念としてもらえたらしいのですが…そのときはそんな知恵はなく…)
急いで改札を出て荷物をロッカーへ。そして旭山動物園へ向かうため旭川電気軌道バスの旭山動物園行きバス停「アサヒビル前」に向かいます。発車時刻は13:10なのでそりゃぁ必死です(笑)
5分前くらいにバス停に到着。並んでいるとさっきのライラックに乗っていたらしい人たちが次々とバス停に現れます。ま、そんなに急がなくても間に合ったのかな?なんて思いつつ、ほぼ時間通りバスがやってきたので乗車します。ここから約40分ほどで旭山動物園です。


続く…
ラベル:旭川
posted by makoto at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。